So-net無料ブログ作成

ため息

今年の暑さにはすっかり気力・体力を持っていかれ
なんかやっとこさ久しぶりにブログの画面にたどりつきました (笑

本当に暑い夏だったなぁ… 133年ぶり、って新聞に書いてあった。
で、今日は猛暑がぶり返してきて34℃ これまた暑い!!

今年の夏は、人生で一番 蚊にかまれた年ではなかろうか、と (ToT)
お隣の姫と外遊びしてたら、姫よりも私の方が蚊にやられるの。
なんで? わたし、若いかい? (笑
蚊よけのスプレーを何重にふっても、かまれるんだから参りました。
そして今、この家のどこかに蚊がいる…
朝から2度、刺された… およよ。

話しは変わり、夏が終わった = 高校3年の娘の夏も終わった。
内部進学する友達は、夏は花火にプールに旅行に海にと、
JK(←女子高生)最後の夏を謳歌していた様子だけども
娘の夏は、予備校の課題と、ジレンマとの戦いで終わった。

3日前、指定校組の子の進学先が決定。
指定校、っていうのは、大学側から 「あなたの高校から我が大学に
何名 合格を差し上げます」 っていう仕組みで、これは高校3年間の
評定平均値がモノを言う。
その指定校一覧(大学)に、自分が希望するところがある子は
1年からずっと指定校狙いで頑張ってきたわけで…
当然、選考漏れする生徒もいるんだけども、晴れて夢がかなって
先日 受験が終了した子も何十人といる。

夏が始まってすぐの三者面談で、担任の先生に
ある大学の、ある学部を推薦していただいた。
「指定校の希望、通ると思うから、出してみたらどうでしょう?」

もったいないくらいの、いや、一般受験ではまず合格しないであろう大学。

だけど。 娘はどうしてもやりたいことがあるらしい。
どうしても、どうしても。
だから、学科はゆずれないのだ、と。
どの学科でもいいから有名校へ、というのではなく、
自分が本当にしたいことを4年間学べるところに行きたい、だから、と…
それで、担任の先生の申し出にはお断りをした形になった。

3日前、その指定校組の結果発表が出て、早くも受験が終わった子、
選考漏れして再度申し込みをする子、内部進学と決めている子と道が別れる中
娘はひたすら 「おめでとう!」 という立場。

さすがにその日はメンタルが崩壊したようで、予備校によらずに
まっすぐ帰宅してきた。
「今日はみんなに おめでとう言いすぎて、疲れた(笑
これから内部進学の子も学部が決まって、9月末には受験が終わる。
私は、2月まで、最後までたたかわなあかん」

そう言ったとたん、静かに涙をこぼした。

「だれだれちゃんは慶應、だれだれは青学、だれだれは明治で
だれだれは立教に決まったよ。 あ、関西に行く子もいるみたい」 ・・・

「一番嬉しかったのは Cちゃんが、中央(大学)の法(学部)に決まったこと!
あの子は1年から、ずっと、ここの大学のこの学部じゃないと!って決めて
ひたすら頑張ってきた子だから。
どこでもいい、有名な大学ならどこでも、っていう子とは違って
Cはただここだけ目指して、1名の枠に向かって頑張ってきただけに
あの子の合格には勇気をもらった。指定校の合格はこうあるべきだ」

そして
「選考漏れした子は、学校や学部を変えて、再度提出するみたい。
もう上位(成績者)は抜けてるから、2次はまぁ合格の可能性も高いだろうね。
そうやって、じゃあ、次はこの学部、この大学は有名だから、って思える人がうらやましい。
私はどうしても こだわってしまう。 あの学部じゃないとダメだ。
私が望む学部は、指定校(リスト)には無かった。
だから私は1月~2月に頑張るしかない。でも、決まった人はうらやましい。
そりゃ、自分が妥協して指定校に出せばよかったんだけど、でも
有名大学なら学部はなんでもいい、そんなふうな考えを私は持てないねん」

不器用な子、かもしれない。
意思が固くて、やりたいことにガンガン進んでいく。
だけど熱意だけで受験はとおらないことは、本人が一番良く知っている。
3年前の冬に、涙したから。

担任の先生のおっしゃった通り、指定校に出していたら
今頃 あの子は受験から解放されていたかもしれない。
でも、そうでないのが あの子らしい。 あの子の道。

難しい方へ 難しい方へ、狭い方へ、狭い方へ、と進んでいく。

親としては不憫な思いもある。でも、口は出せない。
大学に通うのも あの子。 学ぶのも あの子。
あの子が学びたいところへ進めるよう、健康管理などフォローしてやるのが
親の唯一 してやれること…

主人に話したら
「Yuki らしい生き方だなぁ。 茨の道だ。言ったら曲げないから。
きっと就職も、同じ道をたどるんだろうなぁ。
仕方ないよ、それがあいつの生き方だから、応援してやろう」

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○


さっき私が読んでいた本の中に書いてあったフレーズ。

『楽に生きている人間はいくらでもいるだろうに、
易しい道を選ぶ人のほうが多いだろうに、
どうしてわざわざ苦しいことへ踏み込もうとするのか』

この文字を読んだとたん、「ほんと、そうだよねぇ」 と私、ひとりごと。

さて、秋がやってくる。 そして冬。

・・・高校受験の時は「大学は浪人できる。でも高校受験は
そういうわけにいかないから苦しい」 と思ってた。
だけどいざこうして大学受験に向き合う娘を見ていると
3年前の娘がよみがえる。 必死で頑張っていたのに。
模試の判定だってさ… なのに。

もう一度やってくる試練。
前回を味わっただけに、今回はひどく怖いよ。

でもね… しゃんとせんといけんね、私が、ね。

さぁ、夏が終わった。 2月まで、応援しよぉーーーー!!

nice!(50)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 50

コメント 22

たぃ

お嬢さん、意思がお強いですね
周りが一喜一憂している中で「おめでとう」と言い回って
疲れてしまった気持ち、、、切ないです
でも大学というものはいかに素晴らしい
専門分野の先達たちと出逢えるかが
宝物になりますから
お嬢さんの選択は正解だと思います
頑張って!応援しています!
by たぃ (2010-09-11 17:17) 

DEBDYLAN

がんばれ~!!
微力だけど応援させてください^^。

by DEBDYLAN (2010-09-11 18:12) 

ayu15

うちは寒いと気分がさらに凹むので暑いのはOKです。

受験はきびしいんですねえ。親が見守ってくれるのはありがたいです。
by ayu15 (2010-09-11 21:26) 

ちずのこ

お嬢さんのようなお子さんは
大人になっても大丈夫です。
おかぁさん、安心して下さい。

元の会社で
研修の講師を25年以上やっておりまして
新人を間近で見る機会が多かったです。

それで感じるのは
子供は親にどう育てられているか、です。

お嬢さんは、しっかり生きていけますよ。
by ちずのこ (2010-09-11 21:52) 

takutaku

きぃ*さ~ん!お久しぶりです。
今年の猛暑は異常気象の影響のようですね。お身体、大丈夫?どうぞご自愛くださいませね。
お姉ちゃん、素晴らしいスピリットの持ち主ですね。苦労は買ってでもしろって言いますが、大事な我が子が茨の道をあちこち傷を作りながら進んでいくのを見守るのは親として切ない思いもありますよね。
私なんか、カンだけを頼りにずーっと楽ばっかしてきた気がします。お姉ちゃんのようなガッツのある人生経験をせずにこれからも過ごすのかと思うと、これじゃダメだなって(もういい歳こいちゃってんのにー!!)もっとちゃんとしなくっちゃって思いました。
お姉ちゃんの茨の道が栄光のウィニングロードへ繋がることをお祈りしています!!
by takutaku (2010-09-11 21:57) 

gueroguero

こんにちは!

私も二人の娘がいますが、高校、大学、就職と試験のたびに
胃が痛くなる思いでした。
自分ではどうしようもないことなので、よけいにつらいですよね。
親としては、子供を信じて、応援してあげること、見守ってあげること
くらいしかできないですから。

でも、どんな道に進もうとも、子供には幸せになって欲しい。
(幸せの形は、いろいろだけれど)
その気持ちだけは変わらないことを、感じてもらえたら、それだけで
十分かなと思ってます。

しっかり、応援してあげてください。
子供のために苦労することも、親としての幸せなのかもしれないから。

(追伸)
広島もまだまだ暑いけれど、朝晩は少し涼しくなって来ました。
後もう少し、この暑さに耐えていきましょう(笑)


by gueroguero (2010-09-11 23:23) 

たいへー

子供には苦労してほしくないと願うのは、
親として当たり前です。
でも、子供の人生は子供のモノです。
だから、応援してやるくらいしか出来ないのかもしれませんね。
by たいへー (2010-09-12 07:56) 

ぴーすけ君

「この学部」でこの学校っていう強~~い思いがないと
最近は大学が続かず、やめてしまう学生がすごく増えています。
(どんなに有名大学でも、簡単な気持ちで入学するとダメのよう)
だから、お嬢様の思いはすんごく大事ですよ。
by ぴーすけ君 (2010-09-12 08:42) 

sheri

来年の今頃の我が家を見ているよう。

ウチは評定が足りなそうだから、推薦は難しいだろうなぁ。

となると、やっぱり冬まで受験はある訳で。

まだ2年生だから、どうなるかわからないけど
親としては、精一杯応援するしかないんですよね?

ついこの前、高校受験が終わったと思ったのに。。。はぁ

・・・と私のことばかり書いてしまいましたが、
お子さんの頑張り、ステキだと思います。

4年間学ぶことだもの、やっぱり「これ!」っていうのがあるのが
大事だと思います。
by sheri (2010-09-12 13:53) 

boyoyon

うちにも受験生の男子がいます。
日本の受験というシステム、それに翻弄される親や子、
首をかしげることも多いのですが、
何とか、乗り切ってほしいです。
うちも2月3月まで悪戦苦闘の日々となりそうです。

下の子も高校受験で、大変ですよー@o@
by boyoyon (2010-09-12 15:34) 

まめ助の母

お嬢さん色々思い悩むところもあるのでしょうね
でも自分で決めた道があるのは素敵です!
頑張って!
辛いことだっていつか終わります!
きっと振り返ったらいい思い出になっていると思います!!
by まめ助の母 (2010-09-12 18:19) 

うさこ

蚊にさされるのが嫌で、足は出さないようにしてます(笑)
腕はふさぎようがないですが。

サンダルはさされやすいですよね~

by うさこ (2010-09-12 20:04) 

向日葵

お嬢さんの頑張りに「nice!×100!!!」

精一杯頑張って下さい!

心より応援しています!(ブイ!)
by 向日葵 (2010-09-13 00:18) 

ダー

我が娘に爪の垢でも煎じて飲ませたいくらいです♪

                        がんばれ~~♪ ヾ(^▼^*)ノ

by ダー (2010-09-13 07:56) 

むらさき

娘さんに心からエールを送ります。
見守るきぃ母さんにも・・・・・・・!!
by むらさき (2010-09-14 14:10) 

きぃ*

■ コメント & nice! ありがとうございました。
いただいたどのコメントにも、胸がつまるほど
ジーンとして、とても嬉しく思いました。
本当にありがとうございます。
人生は幾度となく岐路に向き合って、自分で
考え悩んだ末、突き進んでいくものですね…
もう繰り返せない自分自身の18歳を思い出しながら
娘と向き合っています。

by きぃ* (2010-09-14 14:34) 

しげ

親子とも・・・
ステキな方で・・・^v^。
エールと応援してます☆
by しげ (2010-09-14 19:21) 

あきら

確か初めてこのBlogに辿りついたのもYukiちゃんの高校受験の時でした。
今回も陰ながら応援してますぅ(^^
by あきら (2010-09-14 23:06) 

どらっち

私は浪人したのだけど、現役で大学に行った友達に会うと
なんか複雑な気持ちになったなぁって。
ちょっと逃げたくなって、自分が選択した教科を失敗したな
なんて思ったりしたけど、今はコレでよかったのかなぁなんて
思います。お嬢さん、今しんどいね。ずっと頑張ってるんだもの。
決まった子達は、気楽になってきっと表情も明るくなって
のんびりして、教習所に通ったり自由だもの。
2月に頑張りが報われますように。
by どらっち (2010-09-15 10:47) 

rinochi

見守る母ってけっこう辛いことありますよね。応援するしかないですよね。私も自分に言い聞かせました(^^)
by rinochi (2010-09-20 16:57) 

タン・ロン

札幌って、今ほとんど蚊が居ないからたまに喰われようものなら大変
by タン・ロン (2010-09-27 23:51) 

ちゃーちゃん

今は悩む時期ですネ・・・本人も家族もたいへんです。
でもyukiちゃんはしっかりした自分を持った方の様にお見受けしていますので、答えはキット持っているのでしょう。
最近はどんな学校が良いのかどんな職業に就くのがいのか選択肢が沢山あって帰って難しい時代ですネ。
我家の子達はポワァーンとして少しは悩みがあれば??・・・と気を揉んでいるおバァちゃんです(^・^)♪
by ちゃーちゃん (2010-10-25 10:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。