So-net無料ブログ作成
検索選択

千の風になって

お盆に入りました。  が、我が家は普段の週末みたいな生活です。

お墓参り
和歌山(旦那側) ・ 島根 (私の祖父母・おばちゃん)...
お参りするには遠い距離だから、心の中で手をあわせます  <(_ _)>

――― ここでやっぱり このブログにも残しておきたい事があって。
以前 関西にいた時の Blog に書いたのと同じ内容を
再度 書き記しておきたいな と。

上に書いた “お墓参り”  のワタシ側に、おばちゃん ってあるでしょ。
そのおばちゃんは、私の母の お姉さんです。 障がいを持っていました。
おばちゃんは20歳の時にリウマチを発症し、それ以降だんだんと
ひどくなる一方で、ついに介護が必要になりました。

だから(うちの母は一番 末っ子だけど) 私が広島にいた小5まで
私の家には おばちゃんがいました。 つまり、家族そのもの。

でも 大阪の家が狭くて リハビリベッドが置けない事や
(あっ   私は小5で、広島⇒大阪に転校しています)
おばちゃんの主治医が変わる・病院が遠い というデメリットもあり
おばちゃんと一緒に 大阪には来れませんでした。

数年して  おばちゃんは島根(出雲)でリハビリ施設に入りました。
以後 私も結婚し、子供が小さい頃は時々 出雲の施設へ訪ねて行きました。

だけど 息子が小学校にあがってから、私は仕事を始めて。
とんと おばちゃんに会いに行けなくなって...  

ここからは 前Blog  去年の内容です



(小6) 2学期の終わり、Kou の個人懇談があり
その時 担任の先生から
「お母さん これ、Kou君も持ち帰っているものですが お母さんのお手元にありますか?
私はこの文章が忘れられなくて、コピーして置いてあるんです」 と。

…… もちろん、私も保管している 大切に。

それは1学期の終わり。
クラスのみんなに用紙が配られ 「誰かに宛てたお手紙を書いてみよう」
という授業?があったらしい。
その手紙の内容は 教頭先生がご覧になるのだ、と。

Kou は私に 「学校で書き終わった」 と言った。
私が「誰あてに書いたん?」 と聞くと 「ひみつ~」 と言ったので
てっきりあの子は 私宛ての手紙にしたんだ、と勝手に予想していた。

ところが、夏休み前にKou が持ち帰った“手紙”の中身は こうだった。

『 民枝おばちゃん、ぼくはもう六年生になりました。
去年の春休み、おばちゃんは病院のベッドの上で
「まだ春なのに日焼けして」 と ぼくの顔を見て笑ったね。
そして 「サッカーがんばるんだよ」 と応援してくれ
あく手した事、ぼくは今でもまだ はっきり覚えています。
それから三日後、天国へいったおばちゃん。
ぼくは今もサッカーがんばっているよ。
おばちゃんがいる所と、ぼくがいる所は つながっているよね。
だって空はつながっているから。
時々ぼくの様子を見に来て下さい。
相変わらず 真っ黒な顔だから、きっとすぐに ぼくに
気付くと思います。
ぼくも時々 空を見上げるから、おばちゃん がんばって
ぼくを探してよ。
 七月六日   ●●孝●より  本多 民枝 様 』



その年の暮、紅白で 「千の風にのって」 が歌われて
あぁ なんだか この心境に似ているな、と驚いたものです。

だからね、だから、おばちゃん ごめんよ!
勝手な考え方だけど、おばちゃんの事だもんっ
毎日 横浜の空も 点検しにきてくれてるでしょ (笑
おばちゃんは誰かに車いすを押してもらえないと外出できなくて
それをとても悲しく、残念に思っていたよね。

だからこそ、おばちゃんが亡くなった時  私は泣く我が子に向かって
「おばちゃんは今やっと 好きな場所に飛び回ってるんやで。
三田(関西)の空にも 毎日 様子を見にきてくれてるで。
だからな、もう泣いたらアカン」

――― 今でも 私は そう考えている…

あっ! しかし今はお盆だから!
おばちゃん、お盆の間は ばあちゃん(私の母)のとこに おってやってね~  (^_^;)


nice!(112)  コメント(60) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 112

コメント 60

takutaku

逢えなくなってしまった人たちに、毎日見守られてると思うと
なんだか安心するし、勇気が出ます(*^_^*)
by takutaku (2007-08-13 23:34) 

しきみ

素敵な息子さんですね・・・。
私もこんなに素直に育っていたら良かったなと、ちょっと卑屈になってしまいました。
息子さんの前向きパワー、少し頂いていきたいと思います。
by しきみ (2007-08-14 00:39) 

きぃ*さん こんばんは
おばちゃんも そのお手紙をずっと持ってると思います・・
by (2007-08-14 00:41) 

KAZUYA

素敵なお手紙ですね、きっと息子さんを空から
たくさんたくさん応援してくれてますよね(^-^)
by KAZUYA (2007-08-14 00:59) 

aranjues

拙ブログを覗いていただきniceまで有り難うございました。
素敵な手紙ですね。こういう感性をこのまま持ち続けて成長して
ほしいですね。きっと親が鏡なんでしょうね。
by aranjues (2007-08-14 01:00) 

おっくー

すごく優しくて素敵な息子さんですね。
うちの甥っ子も こんな手紙が書けるような
優しい子になって欲しいなぁ~・・・・。
伯母様に お手紙きっと届いてると思います。
きっと 横浜に会いに来てくれてますね。
by おっくー (2007-08-14 01:17) 

あら!みてたのね

こんばんは・・・
優しい気持ちを素直に綴るご子息の文才に拍手!!!
by あら!みてたのね (2007-08-14 01:42) 

涙腺の壊れている僕には耐えられません・・・立派な息子さんですね。
一緒には暮らしていませんが僕の子供達もkou君のように育てていきたいです。
by (2007-08-14 01:50) 

piano

いいお話ですね^^
by piano (2007-08-14 02:09) 

mimimomo

◎おはようございます^^
朝から泣けてしまいました。
by mimimomo (2007-08-14 04:25) 

車椅子に乗った民枝おばちゃん・・身体の自由が利かなくても、心は縛られず、溢れるほどの感謝と優しさを持っておられたのでしょう。
だからこそ、周りの方たちの心に愛が反映されたのだろうと。。
胸を打たれました。
by (2007-08-14 07:24) 

Baldhead1010

お墓にお参りする時は、亡くなったご先祖の笑顔を思い浮かべています。
by Baldhead1010 (2007-08-14 08:00) 

akko

亡くなってから本当の孝行って出来るんだと思ってます。
優しい心の方が見守ってくれて、ご先祖さんも嬉しいのではないでしょうか。
by akko (2007-08-14 08:38) 

さよ

本当にKOUちゃんって心がきれいなんやと思う。
純心だから書けたお手紙だね。
私は、亡くなった人に見守られているんや、と考える事ができたら
寂しさも 心強さに変わる…(^^)
by さよ (2007-08-14 09:03) 

Kouくん、素晴らしいお手紙です。
いい子に育ってますね。 とっても嬉しく思います。
いま、我が家もオヤジが空から戻ってきてます^^
by (2007-08-14 10:15) 

chiwarin

心にしみるお手紙でした。いい息子さんですね。
by chiwarin (2007-08-14 11:26) 

大切な手紙ですね。
いい話しをありがとうございます。^^
by (2007-08-14 11:35) 

ishikawa

はじめましてー!
先日は当ブログにお越し頂きましてありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します☆
by ishikawa (2007-08-14 12:24) 

pace

今にかまけていると・・・・
忘れてしまうけど
そんな人たちや時間が本当はあるんですよね
by pace (2007-08-14 12:35) 

5_hana-kattun_jrblog

こんにちは。
温かくて心優しい息子さんですね。
心にしみる、とてもステキな手紙でした。
会えなくてもそばで見守ってくれていると思うと、それだけで心強くなれますよね。
by 5_hana-kattun_jrblog (2007-08-14 13:09) 

きっと横浜の空にきてくれますよ!
by (2007-08-14 16:08) 

Samansa

すごくすごく優しい息子さんですね。
絶対横浜の空から
こんがり焼けた息子さんを見てニッコリしていると思いますよ。
by Samansa (2007-08-14 16:54) 

さくら

純心さであふれたお手紙に、胸がいっぱいになりました。
そういう形で故人を想える、6年生だった日の息子さん。
感性の豊かさに感動しました。
私のおばあちゃんや、事故で亡くなった友達も
毎日私を見ていてくれますよね。
by さくら (2007-08-14 17:41) 

桔梗

以前、娘の担任の先生が、「心には定員がないから、心には何人も住むことが出来る」って、お話してくれました。
こうちゃんの優しい心は住み心地が良くて、きっと沢山の人が住んでいて、こうちゃんを支えているんでしょうね。
心がほっこりするお話をありがとうございました。
by 桔梗 (2007-08-14 19:07) 

みちる

小6の息子さんの書いた手紙に
感動しました。
やさしく、心のこもった手紙を書ける息子さんって
きっとステキな家族の中で
育っていくんですよね。
そういうあったかい家族になっていきたいです。
by みちる (2007-08-14 19:22) 

春姫

kou君・・・・すごく良い子ですね・・。
私は、祖父や祖母が亡くなった時は、そんな前向きじゃありませんでした。
すごいと思います!素敵だと思います!!
おばさまが亡くなられた時のきぃ*さんの言葉もすごく素敵だと思いました!
by 春姫 (2007-08-14 20:18) 

うさこ

先日はご訪問いただきまして ありがとうございました。
優しい息子さんですね。我が子にもkou君のような人に育ってもらいたいな、って思いました。こんなお子さんが育つきぃ*さんご一家、きっと素敵な家族なのでしょうね。
by うさこ (2007-08-14 21:42) 

まお

とっても優しくて、素敵な息子さんですね。
何度も読み返しました。
素敵なお話し、ありがとうございます。
by まお (2007-08-14 21:56) 

ホットレモン

思わず涙がでました。
優しい息子さんですね。
by ホットレモン (2007-08-14 22:17) 

きぃ*

* コメントもnice!も たくさんいただき 有難うございました。

決してほめていただけるような息子ではなく(これだけは本当に!)
でも、この手紙は 私の怪しい記憶の中だけでなく、形として
残せたら… という思いから、書かせてもらいました。

お盆は涙される方、たくさんおられるでしょうね。
主人方、私の方も、おかげ様で今はまだ 両親が健在です。
しかし 永遠・絶対 という言葉はないですよね。
我が身になれば、故人が空から見守ってくれている、と思えるまで
きっととてつもない時間がかかる事でしょうね。

いただいたコメントはとても (私のココロへの)ビタミンになりました。
本当にありがとうございました。

※ それぞれのお方にコメント返しができなくて申し訳ありません。
by きぃ* (2007-08-14 22:23) 

katsura

先ほどはご訪問、ありがとうございました。

記事、温かいきずなに触れた思いです。ありがとうございました。
by katsura (2007-08-14 22:46) 

ごち

はじめまして。
ご訪問&nice!ありがとうございました。
とってもいい話でした。^^
by ごち (2007-08-14 23:42) 

ケンケン

じーんと心あらわれる話でした。
きっと、いつまでも空から見守ってくれてますよ。
by ケンケン (2007-08-14 23:48) 

 Niceマークありがとう。久々で感謝してます。

きぃさん宅を訪問して、たくさんのコメントやナイスマークをみて驚きました。

 やはり、心のこもったことをかいておられるだけあり、当然といえば当然のことだと思います。

 ご縁があればまたご訪問下さい。
by (2007-08-15 00:12) 

えのみ

ご訪問&nice!ありがとうございました。
心の中では忘れられませんよね。
思い出はいつまでも大切にしてくださいね。
by えのみ (2007-08-15 00:41) 

sak

素敵なお話...
うるうる...

お盆の間はきっとすぐ近くにいてくださっていますよ。
by sak (2007-08-15 08:47) 

ハイマン

大事なお手紙
いつまでも大切に残してくださいね!!!
by ハイマン (2007-08-15 10:54) 

あじゃあじゃ

良いお話をありがとうございました。
とても感動しました。
by あじゃあじゃ (2007-08-15 11:19) 

きぃ*

* こちらこそ、つたない日記を読んでくださって
本当にありがとうございました!
私は もらったコメントに温かさを感じています 本当に!
ありがとうございました。
by きぃ* (2007-08-15 12:15) 

どらっち

きっと、おばさま、祖父母様と一緒に、いろんな所をチェックして
回ってるのではないかな、と思います。
by どらっち (2007-08-15 12:21) 

はる

今年のお盆は帰省しませんでしたが、
今度実家に帰ったらお墓参りしようと思いました。

今もおばあちゃん息子さんを笑顔で見守ってるに違いありませんね・・・^^
by はる (2007-08-15 13:43) 

ミラノ

叔母さまと息子さんの絆が見えて
とても良いお話です。
チョット うるうる来てしまいました。
きっと、オバちゃんは息子さんを見守ってるでしょうね。
by ミラノ (2007-08-15 14:01) 

takutaku

どうも~!takutakuですー!
私のほうへも、リンクをペッタンコさせていただきましたー!
どうぞよろしくお願いしますです(*^_^*)
by takutaku (2007-08-15 15:11) 

Aya

はじめまして!ご訪問ありがとうございました。
Kouくん、優しいいい子なんですね。
そしておばちゃんも、「暑いわ~」といいながら、
ばあちゃんのおそばに遊びにいらしてるんじゃないかと思いますよ。
by Aya (2007-08-15 20:38) 

RARARA

ご訪問ありがとうございます。
とてもいいお話ありがとうございます。
by RARARA (2007-08-15 21:07) 

きぃ*

* こちらこそ コメントやnice!を有難うです <(_ _)>

お墓にお参りした時に 「ここにはいない」 って思うのは
かなり寂しいから、お墓に出向いた時には「きたよー」と言い
お墓に行けない日には「今頃 ちょうどこの頭上あたりかな~」
なんて、そんな風に考えられたらいいのにな・・・

しかし たくさんコメントをいただいたこと 心から有難うございました。
by きぃ* (2007-08-15 22:44) 

ラミーキッズ

島根と言えば高校入学が決まったときに、友だちと
鈍行列車に乗って旅に行ったことがあります。
懐かしいなぁ。けどその旅行の途中で切符をなくし、
帰りは悲惨な目に遭いました。(>_<)
今となっちゃ笑えますけど、あの時はさんざんでしたよ。(;O;)
by ラミーキッズ (2007-08-15 23:24) 

きぃ*

* ラミーキッズさま!
案外、苦労したことの方が思い出深かったりしますよね (^^ゞ
切符なくしたらどうなるんだろ?
by きぃ* (2007-08-15 23:39) 

Zunko

こんにちは♪ ご訪問、有難うございました。遊びに来ました♪

息子さんの手紙を読んで、亡くなった祖父母の事を考えていました。
祖父母は、いつも私の傍にいてくれている、と思っています。
お盆、そして終戦記念日に、心温まるお話を有難うございました。
by Zunko (2007-08-16 03:15) 

kumatan*

ご訪問&nice!ありがとうございました。
by kumatan* (2007-08-16 09:00) 

きぃ*

* Zunkoさま! koutan さま!
nice!とコメント ありがとうございました。
お盆も終わりましたね。
私が長々と書いた日記に目を通してくださり
ありがとうデシタ。
by きぃ* (2007-08-16 10:07) 

いいお話ですね。。。
思わず目頭が熱くなりました。。。
by (2007-08-16 20:58) 

りんご

遊びにきてくださりありがとうございました。
素晴らしい感性をお持ちの息子さんですね。
涙が出そうになりました・・。
おばさま、千の風になって、好きなところにいらっしゃいますね。
by りんご (2007-08-17 10:25) 

きゅぴ

ご来訪ありがとうございました。
子供はちゃんと見てるんですよね。自分の心も、そうありたい…と強く感じました。

私も泣いてしまったのは、内緒です!
by きゅぴ (2007-08-17 21:50) 

kouくんの優しい気持ちにココロが温かくなりました。
きっとおばちゃんはいつもみんなを見守ってくれてますね。
by (2007-08-17 22:47) 

Rose

「千の風になって」・・この曲、下の娘が欲しいって言って楽譜を買ったんです
まだ次女は上手く弾けないので弾いてあげました
私にとって祖父母は育ての親なのですが、お盆にやっとお墓を建てられました
本来は親がする事なのですが、孫がやってる事で、随分待たせてしまいました
泣くお墓もなく、申し訳ないと思いながら時が過ぎてしまったんです
そんな時、この曲が有名になってるんですよね
弾いてみると、歌詞だけでなく、メロディーも素直で作った人の気持ちが伝わってくる曲です
何を書いてるのかよく分かりませんが、また違う心境で聴いている一人です
ログインも忘れました ごめんなさい^^
by Rose (2007-08-18 04:43) 

aru

kouくんのお手紙に感動しました。
とっても心の純粋で優しいお子さんなんですね。
きぃ*さんの子育てが素晴らしいのでしょう。
この気持ちをいつまでも忘れずに成長してください*^^*
by aru (2007-08-18 19:41) 

きぃ*

* シナモンロールさま・りんごさま・うたにさま・m*さま
Roseさま・aruさま へ ♥

長い記事を読んで下さったことに、まずは心から感謝しています。
本当にありがとうございます。
私の子育ては「ダメだ… やり直せるもんなら1から…」って
悔むこと いっぱいあります。
上の子と下の子は、同じお腹から生まれても、個性や感性が
違いまして… 下の子の方が、そういうアンテナが敏感なのかも
と よく思います。

私はおばが亡くなった時、まだこの歌を知りませんでしたが
おばのお葬式の翌日、仕事帰りに空を見上げて
ボロボロ泣きながら帰宅したのを覚えています。
おばが空から私を見ている、って思ったからです。

・・・と、書きだしたら 尽きませんね (^^ゞ
本当に、読んでくださり 有難うございました。
by きぃ* (2007-08-18 19:58) 

miwa

ちょっと遅レスでスミマセンm(__)m
Kouくんのお手紙、ジーンと来ちゃいました(;_;)
「千の風・・・」
私もこの歌を聞く前から常々そう思っていました。
今はいつでも見ていてくれてるって思うだけで、心強いですね♪
by miwa (2007-08-24 23:12) 

きぃ*

* anne さま!
どうもありがとうございます。
この歌は、本当に不思議な歌ですよね。
聴き手の気持ち次第で、いろんな色に変わる歌だなぁと
思います。
anneさんもこの歌に出合う前から、同じ気持ちだったのですね♪
by きぃ* (2007-08-25 13:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。